週末自然塾-食の大切さ-7月17日その1

こんばんは、たかしです。

週末自然塾2日目も無事に楽しく終了することが出来ました。

2日目は牛の世話体験、野菜収穫体験、流しソーメン、キャンプファイヤーなど盛りだくさんですので、分割してご報告します。

天気予報では弱雨でしたが、暑過ぎずプログラムには最適の気候でした。

朝は6時起き

起きた後は、朝ごはん作り

ガスバーナーの使い方もリーダーに教えてもらい、もう一人で点けられるくらいにようになりました。

明日もお任せします!!

今朝のメニューはパスタです。

キャンプではカレーなどが定番ですが、なかなかやらないイタリアン。

アルデンテに仕上げています。

ミートソース・ナポリタン・きのこスパからお好みをチョイス

サラダとフルーツも食卓に華を添えています。

食後は、那須町の酪農家さんで酪農体験!!

那須高原自然学校、初の試みでございます。

最初に「お願いします」とご挨拶、写真の左が京子さん、右がお父さんです。

まず始めに、牛の餌やり体験

餌を牛へ配るお手伝いです。

牛は舌を使って器用に食べるんですね!!

続いて藁も配ります。

次に通路に散らかった藁などをほうきで綺麗に掃きます。

なんだか、子どもたちはとても牛舎が似合っていますね!!

餌やりなどはなかなか経験できないことです。酪農家さんの大変さが身に沁みて分かります。


続いて、搾乳体験

搾乳機は、子どもには結構な重さですが、がんばってお手伝い

最初は、病気や今日の乳の様子などをチェックするために手で搾ります。

搾乳作業後は牛の足元をきれいにして、石灰を散布します。

最初石灰を撒くことを教わった子どもたちは、次から搾乳が終わったらすぐに石灰を用意するようになりました。

勉強していますね!!

もちろん、子牛のお世話もします。この子は7月5日生まれだそうです。

子牛にはミルクをあげますが、実際に舐めてみると意外と甘くて美味しい。

その中でも驚いたことは、子牛の吸う力です。

指を子牛の目の前に出すと、乳だと思いすごい力で吸います・・・。

機械で搾られた牛乳はこの冷蔵庫に運ばれます。

800L入るそうです。

さて、お待ちかねの搾りたて牛乳の試飲

子どもたち2人は牛乳が大好きで、おかわりまでさせていただきました。

搾りたては甘く、スッキリとした味わいでした。

この後は「那須だいすき牛乳」にパックされるそうです。http://www.rakunoutochigi.com/product.html#top

最後に牛舎で記念撮影

子どもたちは、「牛は予想以上に大きかった」としおりに書いてありました。

以上で牛の世話体験は終了です。

この続きは、週末自然塾-食の大切さ-7月17日その2をお待ちください。




7/22追記

週末自然塾-食の大切さ-他のレポートはコチラ
週末自然塾-食の大切さ-7月16日
週末自然塾-食の大切さ-7月17日その2
週末自然塾-食の大切さ-7月18日

by takashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>