週末自然塾-食の大切さ-7月17日その2

こんばんは、カメラ担当こうきです。
若干blogは久しぶりですが、blog担当たかしくんが多忙のため代わりに筆を執りました。

今回は、昨日の記事の続きで、(正確には、一昨日ですが・・)
週末自然塾-食の大切さ-7月17日”その2”です。それでは、行ってみましょう


酪農体験が終わったら、流しそうめんの準備を始めます。
まずは竹林へ。草の生い茂る道無き道を突き進みます。

手頃な竹を発見!
早速伐採して持ち出しやすい長さに切ります。

3人協力して運び出します。
先頭が、うまく道を選ばないと歩きにくくなります。
「おーい、そっちは木があるぞー」

無事、運び出すと
今度は、そうめんを流すといを作るため竹を真っ二つに割ります。
竹を割るには竹なたを使います。
そのためレクチャーを受けました。

一人がなたの柄を押して、一人が木槌で刃の背を叩きます。
この作業は、2人の息が合わないとなかなかうまく割れません。
でも、仲良し2人はお手の物
すぐに割ってしまいました。

半分に割れたら、節を取り除いていきます。
木槌で叩くと、簡単に割れます。

今度は、食器の準備
竹の節を利用して、器を作ります。
長さや太さは、自分で決めます。まさに十人十色オリジナルな器ができあがります。
お箸も、竹の枝で作ります。器より箸が短いと結構食べにくかったりします。

自分の器をナイフで削って仕上げていきます。
うまく削ると口当たりがなめらかに
箸もナイフで削って紙ヤスリをかけました。


といと食器を洗ったら、お待ちかね流しそうめんが始まります。
味とテンションは、最高
あっという間に山盛りのそうめんをぺろりと食べてしまいました。

食事が終わったら、後片付け
「ビールだよビール」
泡で遊びながら楽しく洗い物を進めます。

洗い物が終わると、今度は夕食の食材を手に入れるため
近くの農家の畑へ

今回も、農家の田中さんにお世話になりました。
大きな畑には、ジャガイモ、トマト、キュウリ、トウモロコシ、その他にもいろんな種類の野菜がありました。


今回は、ジャガイモ、キュウリ、トマト、トウモロコシ、ブルーベリーなど、たくさんの野菜を収穫さて貰いました。
キュウリやトマトなどは、採ったその場で食べることも
取り立ての味は格別です。

この後は、田中さんの家へ伺って冷たい飲み物をごちそうになりました。
夏場は、熱く作業時間が制限されるため、かなりの早寝早起きで
雑草が伸びるのも早いので休む暇もないそうです。
普段の食卓にある野菜には農家の方の大変な努力が詰まっていることが分かる貴重なお話でした。

記念写真を一枚
笑顔のすてきな田中さんの農場を後にしてキャンプ場へ戻ります。

早速ご飯の準備にお米を計ります。
このお米も農家の田中さんが作ったもの

お米の準備が終わると、自分で採ってきた野菜を調理します。

火付けから火の番までおまかせ
もう他のキャンプがあってもばっちりだね

夕飯が完成!
今日の献立は、シチューとサラダ
シチューは、酪農体験で貰ってきた牛乳と収穫体験で採ってきた野菜を使いました。
取り立てで、しかも自分の採った野菜と牛乳は、最高においしかったです。

夕食後は、近くの温泉へ
日中働いて流した汗を流してさっぱりしました。

温泉から戻るとお待ちかねキャンプファイアー
火を囲んで各々が出し物をします。もちろん子ども達も出し物をして気分は、最高潮!
それからは、ゆっくりと火の勢いとともに緩やかになり、就寝準備をした後は疲れとともに寝床へと沈んでいきました。


これで週末自然塾-食の大切さ-7月17日の報告は終わりです。
週末自然塾-食の大切さ-7月18日最終日の報告は、後日公開しますので、お楽しみに。


7/22追記

週末自然塾-食の大切さ-他のレポートはコチラ
週末自然塾-食の大切さ-7月16日
週末自然塾-食の大切さ-7月17日その1
週末自然塾-食の大切さ-7月18日

by kouki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>