週末自然塾-食の大切さ-7月18日

こんにちは、たかしです。

なかなかblogが更新できず申し訳ございません。

まだ更新していないプログラムも沢山ありますので、随時更新いたします。

さて、いよいよ楽しかった週末自然塾も最終日。この日はどんな食の大切さが学べたでしょうか??

最終日の朝食は、和食です。

日本人の朝は、やはりごはん、味噌汁、納豆、卵、漬物ですよね!!

何度も登場する那須高原自然学校の羽釜ですが、ご飯を炊くと格別です。

米研ぎから火の調整、蒸らしまですべて子どもたちにお任せしました。

こちらでは、バーナーを使い卵を調理

この卵は、今朝自然学校の鶏が産んだ卵なので鮮度抜群

まだ、少し温かかったです。

毎日、子どもたちは鶏の餌やりが朝の日課だったので、思い入れのある卵を各々好みの食べ方で調理、卵かけご飯やスクランブルエッグ、目玉焼きなどなど

朝食後は歯磨きをして一路、余笹川へ

最後のプログラムは、昨年の夏も大好評だったカジカ釣りです。

裸の人はごうろうとたかしです・・・夏までには少し痩せなくては・・・。

子どもたちはライフジャケットを着て竿の使い方や餌のつけ方などを学びます。

釣り名人の相馬さんの指導の下、まずは箱めがねの使い方

蓬などの葉っぱをよく揉み、ガラス部分に塗りつけると曇り止めになります。

これで視界良好

さぁ、釣れるでしょうか??

川の中を覗きます!!

覗きます・・・。

石と石の隙間に餌を入れ、待ちます。

待ちます・・・。

場所も変えてみます!!

すると、

「釣れたぞ!!」

最初のヒットは、やはり相馬名人

カジカがどういう魚かわかり、子どもたちもより気合が入ります!!

同じポイントで集中攻撃

みんなでこんなに沢山釣れました!!

子どもたちが釣ったカジカは、魚拓を取るため家にお持ち帰りです。

釣ったカジカはその場で素揚げに

カジカの本来の味を堪能できます。

そして、命をいただくので、今さっきまで生きていたカジカに感謝して昼食

残さずすべていただきました。

キャンプ場に戻ってきたら最後のふりかえり、みんなで3日間何をしたかを思い出しました。

プログラムが盛りだくさんの3日間でしたが、2人とも「楽しかった!!」と言ってくれたので良かったです。

同時に、食の大切さというテーマをこのキャンプを通して感じ取ってくれました。

また、自然学校に来て私たちと遊んでください。

夏休みは、パラグライダー、カヌー、釣り、登山、そば打ち、なかがわ水遊園キャンプなど楽しいプログラムが目白押し!!

これで週末自然塾-食の大切さ-の報告を終わります。

次回は、9月23-25日週末自然塾-諦めないことの大切さ-を開催します。

那須連山を登り、秘湯を目指します。ご興味のある方は是非お越しください。


7/22追記

週末自然塾-食の大切さ-他のレポートはコチラ
週末自然塾-食の大切さ-7月16日
週末自然塾-食の大切さ-7月17日その1
週末自然塾-食の大切さ-7月17日その2

by takashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>