週末自然塾‐火の大切さ‐①

こんにちは、たかしです。

2012年もすでに1週間が過ぎました。年々時が経つのが早く感じます。

今回は2011年最後のプログラム、12月23日~25日に行われました週末自然塾-火の大切さ-のご報告をいたします。

参加者は今年いっぱい来てくれたリピーターの子2人です!いつもありがとう!!

この時期のキャンプの最大の敵は「寒さ」

温かい飲み物を用意して、体が冷えないように3日間頑張ろう!!

まずは、いつもと同様にテント設営

今回は9月に完成した備品庫に自分でテントや寝袋を取りに行きます。

ちなみに、備品庫は土足禁止です!!

今年3回目のキャンプ、慣れているためすぐにテントを立てる場所を決め設営開始

リーダーはお手伝いはしますが、立て方は口出ししません。

でも、しっかり2人で話し合い立てていきます。

手が寒いので、常に手袋を装着

風に飛ばされないように、しっかりペグ打ち

ペグの角度もバッチリ

フライを掛けたらテント完成

風が防げるため、テント内は意外と寒くないのです。

インナーマットと寝袋を敷いて、寝る準備万端

寝袋を見ると眠くなってしまうのは、私だけでしょうか!?

続いてのプログラムは・・・

今回のテーマは「火の大切さ」ということで

火を点ける為には

まず薪が必要です!

そこで、薪割りに挑戦

斧の使い方を習い、薪を真っ二つに

こんな太い薪割りにも挑戦

最初はなかなか割れませんが、諦めずに割れるまで挑みます。

しかし、子どもたちの飲み込みのスピードは早いですね

しっかり振りかぶり、的確に丸太に当たります!!

最後に一輪車で割った薪を薪置き場に運びます。

運ぶまでが薪割りです。

続いて新聞とマッチを使い焚き火に挑戦

今回は、週末自然塾の集大成と言うことで、あさっての解散までのマッチ10本が支給されます。

それ以外はないので、失敗が許されません!!

失敗できないと思うと、マッチが折れたり着かなかったり・・・

1人1個焚き火を点けます。

さぁ、無事に点くかな!?

1人成功!!

もう1人も成功!!さすが、成長してるぜ!!

点いた火でお湯を沸かし、温かい飲み物を飲んで休憩

16時を過ぎると辺りも暗くなり、ランタンに点火

火は、明るく照らしてくれます。その灯りの下、木の枝エンピツづくり

木の枝エンピツが完成した後は、さっき起こした火を使って夕ごはんの調理

この日のメニューは「味噌ちゃんこ鍋」

体が温まるメニューですね。

ちなみに〆はラーメン

ごはんを食べて温まった後は、近くの温泉に行き入浴

そのまま、テントでふりかえりをして寝袋へイン

広いテントに2人だと隙間が多いので、たかしも一緒に寝ました。

明日も火を大切に頑張ろう!!

これで、週末自然塾-火の大切さ-①のご報告を終わります。

この後は、週末自然塾‐火の大切さ‐②をお待ち下さい。



by takashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>