「芋の会」体験プログラム6月16-17日

こんにちは、タカシです。

台風が接近しております。

みなさま、大雨や土砂崩れには十分にお気をつけください。

さて、今回は先週末に開催いたしました「芋の会」体験プログラムについてご報告いたします。

「芋の会」とは、お酒をこよなく愛する仲間たちです。

今回は神奈川より6名がお越しになりました!!

まずは、おそばを食べて腹ごしらえ。これはそば職人の隆夫さんの手打ちです。

隆夫さんのそば打ちについては・・・こちら

お腹がいっぱいになった御一行は、早速体験プログラムへ!!

今回は手作りソーセージ体験。

講師は、この方!!

神奈川県よりお越しになったソーセージ職人のシンジさんです。

以前は茅ヶ崎のお店を開いていました。

まずは、粗挽きソーセージに使うバラ肉を小さくカットします!

これによって、食べたときの食感やジューシーさが変わってきます。

続いて、職人による捏ね方の指導

みんな美味しいソーセージのために真剣な眼差し

いよいよ捏ねる番です。

お肉は冷たく気持ちよさそう☆

しかし、あまりゆっくりやっていると手の温度でお肉の温度が上がり不味くなってしまいます。

捏ね終わったら、今度は腸の中に充填します。

今回は、充填機と絞り袋の2パターン

生地をよく練ったことにより、粘りが出て、充填も力がいります。

なかなか大変そうでした。

職人が見本で作ったソーセージの固さを確認

さて、上手くできるでしょうか?

みなさん、ワイワイ楽しくソーセージ作りを体験していました。

腸をつけるのも自分たちで行います。

破れないように慎重に・・・。

腸は意外と長いんです!!今回は羊の腸を使いました。

出来あがりはこんな感じ

この後、みなさんでねじり、ソーセージ完成!!

50本以上のソーセージが出来ました。

出来たてをボイルしていただきます。

ボイルしている間・・・

今度はローストチキンの仕込みです。

体の水分をしっかり拭き取ります。

みなさん、看護師の方々ということもあり、扱いはプロ級でした。

味付けをした後は、鶏をたこ糸で縛り準備完了。

それと同時に、ソーセージのボイルも完了!!

さて、お味は!?

最高!!

この後は、エピナール那須さんの温泉を堪能し、夕食の買い出しをしたらいよいよ夕食開始。

自分たちで詰めたソーセージも良い感じです。

ソーセージが繋がっているところはなかなか見ることが出来ないですよね。

こちらは、職人が作ってくれたフライッシュケーゼです。

今回はダッチオーブンで焼き上げました。

割ってみると肉汁が溢れ出ます!!

皆さんが仕込んだローストチキンもダッチオーブンで焼き上げました。

タマネギ、にんじん、ジャガイモのうま味も凝縮!!

夕食が賑やかに進む中、DVD鑑賞も終わると・・・あの曲が流れてきました♪

HAPPY BIRTHDAY!!

そうなんです。今日お誕生日の参加者がいらっしゃいました。

みんなで祝福

おめでとうございます。

宴は朝まで続きました・・・。


2日目

朝ごはんを食べた後からは、クラフト(工作)体験!

今回は、竹を使ったコップ&箸作りと木の枝エンピツ作りを行ないました。

 

まずは、コップ作り

好きな長さに竹を切ります。

 

コップの飲み口をナイフやヤスリで滑らかにします。

コップの周りに名前や絵を彫る方も!

さすが、大人!!

スイスイと削り、あっという間にコップの完成

  

次は、箸作りに挑戦!

ナタで割った竹をナイフで好きな太さに削ります。

ナイフなんて小学校以来!という方も、記憶を辿りながら削ります。

 

最後に木の枝エンピツ作り

木の枝にドリルで穴をあけ、エンピツの芯を差し込みます。

後は、ナイフで削るだけ!

シンプルな活動ですが、完成した時の感動は大きいです!!

本日3回目のナイフの登場に・・・「明日、絶対筋肉痛~!」

普段使わない筋肉を使って、最後まで黙々と作業していました。


芋の会の皆さん、2日間お疲れ様でした!

またのお越しをお待ちしております。


以上、芋の会体験プログラム報告を終わります。

by takashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>